月曜~土曜:8時~12時、14時~20時
日曜:8時~12時

ベトナム、ホーチミン市7区フーミーフン、レ・ヴァン・ティエム69番地
電話: 0917.483.796 - 0979.110.971

コンテンツの編集

About Us

We must explain to you how all seds this mistakens idea off denouncing pleasures and praising pain was born and I will give you a completed accounts off the system and expound.

Contact Info

ブルキシズム

ブルキシズム

ブルキシズム

ブルキシズム呼ばれるブラキシズムは、過度の歯ぎしりや顎の食いしばりを特徴とする歯科疾患で、日中や夜間に起こることがあります。歯ぎしりは、歯の摩耗、顎の痛み、頭痛、耳の痛みなど、多くの問題を引き起こす可能性があります。この症状は世界中で数百万人が罹患しており、ストレス、不安、睡眠障害など様々な要因が原因となっています。幸いなことに、その症状を緩和するのに役立つ器具が複数あります。

1. ブラキシズムとは?

ブラキシズムとは、歯ぎしり、食いしばり、歯ぎしりを特徴とする症状です。歯ぎしりは、あらゆる年齢層の人々に影響を及ぼす一般的な歯の問題であり、日中または夜間に起こる可能性があります。歯ぎしりは、歯の摩耗、顎の痛み、頭痛、耳の痛みなど多くの問題を引き起こします。また、睡眠障害を引き起こしたり、顎関節症(TMJ)など他の健康問題につながることもあります。

ブラキシズムには、ストレス、不安、睡眠障害など、いくつかの要因が考えられます。また、パーキンソン病やハンチントン病などの特定の病状の副作用として起こることもあります。

ブラキシズムとは

2. ブラキシズムに対する器具にはどのようなものがありますか?

ブラキシズムの症状を緩和する器具がいくつかあります。これらの器具は、歯の摩耗を防ぎ、顎の痛みを軽減し、睡眠の質を向上させるのに役立ちます。ここでは、ブラキシズムの治療によく使用される器具をいくつかご紹介します。

2.1. マウスガード

マウスガードはブラキシズムの治療に最もよく使用される器具です。マウスガードは、就寝中に歯に装着するカスタムメイドの装置です。マウスガードは、歯ぎしりや食いしばりによる歯の磨耗や損傷から歯を保護するのに役立つ。また、顎の痛みや頭痛の軽減、睡眠の質の向上にも役立ちます。

2.2. ナイトガード

ナイトガードはマウスガードと似ていますが、夜間に装着するように設計されています。マウスガードよりも柔らかい素材でできており、装着感も良い。ナイトガードは、睡眠中の歯ぎしりや食いしばりによる歯の磨耗や損傷から歯を守るのに役立ちます。

ナイトガード

2.3. 咬合スプリント

咬合スプリントは、歯の摩耗を防ぎ、顎の痛みを軽減するために歯に装着する装置です。上下の歯にフィットするように設計されており、複雑で耐久性のある素材でできています。咬合スプリントは、歯並びを改善し、顎の関節にかかる圧力を軽減するのに役立ちます。

2.4. バイオフィードバック

バイオフィードバックは、ブラキシズムの症状を軽減するのに役立つテクニックです。センサーを使って顎と首の筋肉の活動をモニターします。センサーはコンピューターに接続され、筋肉の緊張レベルをフィードバックします。このフィードバックにより、筋肉をリラックスさせることを学び、ブラキシズムの重症度を軽減することができる。

2.5. ボトックス

ボトックスはブラキシズムの重症度を軽減するために使用できる治療法です。少量のボツリヌス毒素を顎の筋肉に注射します。この毒素は筋肉を弛緩させ、歯ぎしりや食いしばりの程度を軽減します。ボトックスは一時的な解決策であり、数ヶ月ごとに繰り返す必要があります。

ボトックス

3. ブラキシズムの治療方法

ブラキシズムはいくつかの方法で治療することができます。通常、治療は治すというよりも、状態を管理することに重点を置くことが重要です。ここでは、ブラキシズムの治療法をいくつかご紹介します:

3.1. 歯科的アプローチ

歯ぎしりをする人には、定期的な歯科検診が欠かせません。歯ぎしりによる歯の損傷を防ぐために、歯科医は夜間にマウスガードやデンタルスプリントを装着することを勧めるかもしれません。重度の場合は、歯の咀嚼面を整形する歯科矯正手術が勧められることもある。

3.2. ストレスマネージメント

ストレスや不安はブラキシズムの解決につながることが多いため、ヨガや瞑想、定期的な運動、カウンセリングなどのストレス対処法が有効です。

続きを読む 歯ぎしりに対する解決策

3.3. 行動療法

行動療法は、個人の行動を変えるのに役立ちます。例えば、歯ぎしりを自覚し、顎の筋肉をリラックスさせる方法を学ぶことができます。

3.4. 理学療法

理学療法には、顎の動きを改善するためのエクササイズ、緊張を和らげるために顔に温湿布を貼る方法、顎関節の機能を改善するためのその他のテクニックが含まれます。

3.5. 薬物療法

ブラキシズムの治療には、薬物療法が用いられることもあります。就寝前の筋弛緩剤や、歯ぎしりの原因となる筋肉の働きを弱めるボトックス注射などがあります。

3.6. 生活習慣の改善

カフェインやアルコールなど、歯ぎしりの程度を高める可能性のある物質を制限することが有効です。また、ガムを噛んだり、ペンの先で噛んだりすることは、顎の筋肉を食いしばり、歯ぎしりをしやすくする可能性があるため、避けた方がよいでしょう。

歯ぎしりには個人差があり、ある人に有効な治療法が別の人に有効とは限らないことを忘れないでください。歯科医師や医療従事者とよく相談し、自分に合った治療計画を立てることが大切です。

続きを読む 口腔内装置とは?

さくら歯科クリニックへのご予約

Calendar is loading...
Powered by Booking Calendar

月曜日~土曜日
日曜日

8時~12時、14時~20時
8時~12時

  • 2022年5月10日にホーチミン市計画投資局より発行された事業登録証明書番号0309935880

  • 2012年7月20日、ホーチミン市保健局発行の診察・治療実施証明書番号001272/HCM-CCHN

  • 2014年3月18日、ホーチミン市保健局発行の診察・治療業務許可証番号01839/SYT-GPHD

免責事項

ベトナム語バージョンはメインバージョンであり、参考価値があります。私たちは他のバージョン(英語、日本語など)を可能な限り良くしようと努力してきました。このような努力にもかかわらず、特に外国語に関しては誤りが残っています。読者の皆様におかれましては、お問い合わせフォームまたは [email protected]
皆様の貴重なご協力に感謝いたします。