月曜~土曜:8時~12時、14時~20時
日曜:8時~12時

ベトナム、ホーチミン市7区フーミーフン、レ・ヴァン・ティエム69番地
電話: 0917.483.796 - 0979.110.971

コンテンツの編集

About Us

We must explain to you how all seds this mistakens idea off denouncing pleasures and praising pain was born and I will give you a completed accounts off the system and expound.

Contact Info

フッ化物処理

フッ化物処理

フッ化物処理

フッ化物処理の長所と短所を理解することは、あなたやあなたのお子さんにフッ素治療が良いかどうかを決めるのに役立つかもしれません。最も一般的な質問を検討し、フッ化物治療が歯の健康の鍵である理由を発見しましょう。

1. フッ化物処理とはどのように機能するのですか?

フッ化物処置は、高濃度のフッ化物を歯に塗布することです。フッ化物は、いくつかの方法で虫歯を予防します。

まず第一に、リミネラライゼーションは歯のエナメル質を強化します。硬いエナメル質は歯の劣化を防ぎます。私たちが食べ物を摂ると、口内細菌がエナメル質を侵し、虫歯を引き起こす酸を生成します。フッ化物はエナメル質を強化し、それを酸に対して耐性を持たせます。

第二に、フッ化物は口内細菌の増殖を防ぎます。私たちが糖や炭水化物を摂取すると、これら細菌は酸を作り出し歯を損ねます。フッ化物はこれら細菌を減少させることで、歯の崩壊を引き起こすプラークの形成を予防します。

最終的に、フッ化物は初期の虫歯を逆転します。酸の攻撃は、ミネラルを奪ってエナメル質を損傷します。フッ化物処置はミネラルを補充し、エナメル質を修復し、崩壊を防ぎます。

2. なぜフッ化物処置が必要なのですか?

標準的な歯科手順にフッ化物療法が含まれ、歯の強化と虫歯を防ぐためです。フッ化物は広く普及していますが、その必要性に疑問を持つ人もいます。ここではフッ化物に関する最も一般的な顧客質問に答え、なぜそれが口腔ケアに不可欠であるかを説明します。

2.1. フッ化物がなぜ重要なのですか?

フッ化物は自然に水、土壌、食物に存在します。それは歯の最外層であるエナメル質を強化します。エナメルは体内で最も硬い物質で、歯の内部層を保護します。しかし、細菌や酸性の食べ物から来る酸によってその強度が落ちることがあります。フッ化物によるエナメル質の再石灰化および強化は、歯をより虫歯に強くします。

2.2. 歯磨き粉と水だけで十分なフッ化物を得られますか?

歯磨き粉と水であなたの歯を保護するのに十分なフッ化物を供給することはありません。専門的な処置では、歯磨き粉よりも多くのフッ化物が使用されます。さらに、すべての水源が適切なフッ化物レベルを持っているわけではありません。歯科医は、歯を強化し保護するのに十分なフッ化物を歯に提供することができます。

2.3. だれがフッ化物を摂取すべきですか?

すべての年齢層にフッ化物は恩恵をもたらします。子供たちはまだ歯が発育中で、虫歯になりやすいため、主にフッ化物の恩恵を受けます。虫歯や歯周病の既往歴がある人々にも、治療は役立つことがあります。また、口内が乾燥している人、矯正装置を使用している人、砂糖を多く摂取する食生活を送っている人にも、フッ化物は虫歯を防ぐのに役立つことがあります。

フッ化物処理

3. リスクや副作用はありますか?

示されている通り、フッ化物療法は安全で効果的です。しかしながら、過剰なフッ化物摂取はフッ素症を引き起こす可能性があり、これは白い斑点が歯に形成されることを意味します。治療中にフッ化物を飲み込まないように、歯科医のアドバイスに従うべきです。フッ化物治療に関する問題については歯科医と相談してください。 全体として、この治療はすべての年齢層の歯科ケアにとって不可欠です。それによって歯のエナメル質を強くし、虫歯に対する抵抗力を高めます。フッ化物は歯磨き粉や水に含まれていますが、専門のフッ化物治療が歯を保護します。歯科医はあなたの歯のニーズに基づいた個別のフッ化物治療の提案を提供することができます。

4. フッ化物治療の頻度はどのくらいですか?

予防歯科 予防的な歯科治療であるフッ化物の利用頻度について話し合いましょう。フッ化物治療の頻度は、年齢、歯科の健康、および虫歯のリスクによって異なります。子供やティーンエイジャーには虫歯が一般的であり、追加のフッ化物が必要になるかもしれません。歯科医は子供やティーンエイジャーには毎年半年から1年にフッ化物を施すべきだと言います。 大人の治療は様々です。虫歯や歯周病がある場合、歯科医はさらなるフッ化物治療を推奨するかもしれません。口の乾燥や矯正装置を使っている人は、より定期的なフッ化物治療から恩恵を受けることができます。歯科医はあなたのニーズと頻度を設定するでしょう。 専門のフッ化物治療に加えて、自宅での実践的な口腔衛生が歯科健康のために不可欠です。これには、フッ化物配合の歯磨き粉で一日二回のブラッシング、毎日のフロッシング、およびフッ化物入りのマウスウォッシュの使用が含まれます。これらの習慣と定期的な歯科検診は、虫歯を予防し、フッ化物の使用を減らすのに役立ちます。

さくら歯科クリニックへのご予約

Calendar is loading...
Powered by Booking Calendar

月曜日~土曜日
日曜日

8時~12時、14時~20時
8時~12時

  • 2022年5月10日にホーチミン市計画投資局より発行された事業登録証明書番号0309935880

  • 2012年7月20日、ホーチミン市保健局発行の診察・治療実施証明書番号001272/HCM-CCHN

  • 2014年3月18日、ホーチミン市保健局発行の診察・治療業務許可証番号01839/SYT-GPHD

免責事項

ベトナム語バージョンはメインバージョンであり、参考価値があります。私たちは他のバージョン(英語、日本語など)を可能な限り良くしようと努力してきました。このような努力にもかかわらず、特に外国語に関しては誤りが残っています。読者の皆様におかれましては、お問い合わせフォームまたは info@sakuradental.vn。
皆様の貴重なご協力に感謝いたします。