月曜~土曜:8時~12時、14時~20時
日曜:8時~12時

ベトナム、ホーチミン市7区フーミーフン、レ・ヴァン・ティエム69番地
電話: 0917.483.796 - 0979.110.971

コンテンツの編集

About Us

We must explain to you how all seds this mistakens idea off denouncing pleasures and praising pain was born and I will give you a completed accounts off the system and expound.

Contact Info

補綴ブリッジ

補綴ブリッジ

補綴ブリッジ

補綴ブリッジは、失われた歯を自然かつシームレスに置き換える革新的な義歯です。天然歯の間に存在する隙間を埋めるための歯科補綴物である補綴物ブリッジは、審美的かつ実用的な利点をもたらします。さくら歯科クリニックでは、この革新的な歯科修復オプションをご理解いただき、自信を持って補綴ブリッジを選択していただきたいと考えています。

1. 補綴ブリッジとは何ですか?

補綴物ブリッジは、1 つまたは複数の失われた歯を置き換える固定歯科補綴物です。これは、天然歯またはインプラントによってサポートされる固定歯科プロセスです。補綴ブリッジは、虫歯、歯周病、怪我などで歯を失った人に人気の選択肢です。

ブリッジは、ポンティックとアバットメントという 2 つの主要な部分で構成されます。アバットメントはブリッジを支える天然歯または歯科インプラントの上に設置されますが、ポンティックは欠陥を置き換える義歯の歯です。

歯科用ブリッジ

2. 補綴ブリッジの利点は何ですか?

2.1. 自然な笑顔の回復

これはブリッジの重要な利点です。歯の色、形、サイズに合わせてブリッジをカスタマイズすることで、シームレスで自然な笑顔を実現できます。これにより自尊心が高まり、笑顔や会話が容易になります。

2.2. 口腔機能の改善

歯を失うと、咀嚼や会話の能力が損なわれることがあります。ブリッジは失われた歯を補い、通常どおりに食事や会話ができるようにします。これにより、あらゆる種類の健康的な食べ物を食べたり、何も考えずに社交したりできるようになり、生活の質が向上します。

2.3. 顔構造のメンテナンス

歯を失うと周囲の歯が移動して位置がずれ、顔の形が変わってしまいます。これは、酩酊感や早期老化を引き起こす可能性があります。入れ歯ブリッジはその隙間を埋め、周囲の歯が移動するのを防ぎます。これにより、顔の自然な構造と輪郭が維持され、若々しい外観が維持されます。

2.4. 耐久性

補綴ブリッジは長持ちします。適切なケアと定期的な歯科検診により、ブリッジは何年も長持ちし、歯の喪失に対する安定した解決策を提供します。補綴ブリッジは固定されているため、入れ歯のように洗浄やメンテナンスが必要ありません。これにより、失われた歯を簡単に補うことができます。

2.5. 補綴ブリッジ

失った歯の外観と機能を取り戻すだけでなく、歯の健康も改善します。歯が欠けてしまうと、隣り合う歯の噛み合わせが悪くなってしまい、歯磨きが困難になってしまいます。これは、虫歯、歯周病、その他の口腔健康上の問題を引き起こす可能性があります。歯科プロセスブリッジは隙間を埋め、咬合力と咀嚼力を均等に分散し、歯へのストレスを軽減し、歯科衛生を改善します。

補綴ブリッジ

3. 補綴ブリッジはどのように機能するのでしょうか?

ブリッジには複数回のブリッジ予約が必要です。最初のカウンセリングでは、歯科医があなたのお口の健康状態を評価し、歯型を採取し、最適なブリッジを選択します。アバットメント上の歯の形状を変更したり、ブリッジをサポートするために歯科インプラントを配置したりする必要がある場合があります。

準備が完了したら、歯科技工所がお客様専用のブリッジを作成します。次回の診察では、ブリッジが最適な動作と外観になるように調整および調整されます。ブリッジをセメントで固定する前に、歯科医がフィット感、噛み合わせ、審美性をチェックします。

4. 補綴ブリッジはどれくらい持続しますか?

その耐久性は、使用される材料、歯の衛生状態、患者の口腔の健康状態によって決まります。平均的に維持管理された橋の寿命は 10 ~ 15 年です。適切なケアと歯科検診を行えば、ブリッジによってははるかに長持ちするものもあります。

材質は補綴ブリッジの耐久性に影響します。歯科用ブリッジは、磁器、金属合金、またはその両方で構築されます。患者は、自然な外観と耐久性の点で磁器ブリッジを好みます。金属合金ブリッジは強くて耐久性があります。当院の歯科医師が患者様の症状に合わせた適切な材料をアドバイスさせていただきます。

ブリッジの寿命は口腔衛生状態にも影響されます。ブリッジを維持するには、定期的なブラッシング、フロス、すすぎが必要です。虫歯や歯周病を防ぐために、ブリッジの周囲を必ず掃除して、食べかすや歯垢を取り除いてください。

ブリッジの耐久性は患者の歯の健康状態にも左右されます。健康な歯肉と骨構造はブリッジの寿命をサポートします。歯周病や骨量の減少により、ブリッジのサポートが弱まり、耐久性が低下します。補綴ブリッジを長持ちさせるためには、まずお口の健康問題を解決する必要があります。

さくら歯科クリニックへのご予約

Booking Form

月曜日~土曜日
日曜日

8時~12時、14時~20時
8時~12時

  • 2022年5月10日にホーチミン市計画投資局より発行された事業登録証明書番号0309935880

  • 2012年7月20日、ホーチミン市保健局発行の診察・治療実施証明書番号001272/HCM-CCHN

  • 2014年3月18日、ホーチミン市保健局発行の診察・治療業務許可証番号01839/SYT-GPHD

免責事項

ベトナム語バージョンはメインバージョンであり、参考価値があります。私たちは他のバージョン(英語、日本語など)を可能な限り良くしようと努力してきました。このような努力にもかかわらず、特に外国語に関しては誤りが残っています。読者の皆様におかれましては、お問い合わせフォームまたは info@sakuradental.vn。
皆様の貴重なご協力に感謝いたします。