月曜~土曜:8時~12時、14時~20時
日曜:8時~12時

ベトナム、ホーチミン市7区フーミーフン、レ・ヴァン・ティエム69番地
電話: 0917.483.796 - 0979.110.971

コンテンツの編集

About Us

We must explain to you how all seds this mistakens idea off denouncing pleasures and praising pain was born and I will give you a completed accounts off the system and expound.

Contact Info

顎関節痛

顎関節痛

顎関節痛(顎関節症)は、顎の関節や筋肉の痛みを引き起こします。痛みは苦痛であり、疑問や不安を生じさせます。この疾患について、その原因、症状、診断、治療法を説明するために、わかりやすくお答えします。

1. 顎関節の痛みとは?

顎関節痛の影響を受けるのは、顎と頭蓋骨の側頭骨をつなぐ顎関節です。顎を上下左右に動かすことで、話したり、噛んだり、あくびをしたり、その他の日常生活を送ることができます。この関節の損傷は、顎関節痛(TMJ)症候群や顎関節症(TMD)という局所的な痛みの障害を引き起こす可能性があります。

何百万人もの人々が顎関節の痛みに苦しんでいます。顎関節痛は広く知られているにもかかわらず、その原因、症状、治療法はあまり理解されていません。

顎関節痛の症状には以下のようなものがあります:

  • 顎の不快感
  • 顎関節の痛み
  • 耳の痛みや圧痛
  • 咀嚼障害や痛み
  • 顔の痛み
  • 関節がロックして口の開閉が困難になる

このような顎関節の痛みの症状以外にも、顎関節の痛みによって、口を開けたり噛んだりするときにカチカチと音がしたり、耳障りな音がしたりすることがあります。顎のクリック音が痛みや動きを制限するものでなければ、顎関節症の治療は必要ないかもしれません。

2. 顎関節の痛みの原因は何ですか?

蝶番のような顎関節(TMJ)は、頭蓋骨と顎の骨をつないでいます。体の中で最も複雑な関節のひとつで、すべての顎の動きをコントロールしています。顎関節の痛みは顎関節症です。この症状は、食事、会話、睡眠を困難にします。しかし、この痛みの原因は何なのでしょうか?このトピックを探る。

2.1. 顎関節の痛みは、

顎や顎関節への直接的な打撃によって生じることがあります。強い衝撃、転倒、交通事故、その他顎に関連する事故が原因となる可能性があります。

2.2. 顎関節の痛みは、

変形性関節症や関節リウマチによっても起こります。どちらも関節に炎症を起こし、顎関節の痛みを引き起こします。

2.3. ブラキシズムのある人は、

睡眠中やストレス時に無意識に歯ぎしりや食いしばりをします。歯ぎしりや食いしばりによる圧力や負担は、顎関節の痛みを引き起こします。

2.4. 歯並びや顎のズレは、

顎関節に余分な圧力をかけ、痛みを引き起こします。このような歯並びの悪さは、遺伝、怪我、歯科治療の不備などによって引き起こされることがあります。

2.5. ストレス。

精神的または感情的なストレスは、顔や顎の筋肉を引き締めたり、歯を食いしばったりすることで顎関節の痛みを引き起こすことがあります。慢性的なストレスが原因で痛みが続くこともあります。

2.6. 首や背中の姿勢の悪さ。

首の緊張や顎の筋肉の機能障害は、顎関節の痛みを引き起こすことがある。

2.7. 病気や症状。

痛風、線維筋痛症、感染症は顎関節の炎症や痛みを引き起こすことがある。

2.8. その他の要因としては、

ガムの噛みすぎ、歯科手術、歯列矯正、大あくびなどがあります。

早期治療が予後を改善することを忘れないでください。顎関節の痛みを無視してはいけません。健康で機能的な顎を保つために、すぐに専門家の助けを借りましょう。

3. 顎関節痛の診断方法は?

顎関節症は多くの原因や症状があるため、診断が難しい疾患です。主な要素は、徹底的な病歴聴取、身体検査、画像検査です。

3.1. 病歴

顎関節症の診断は、徹底した病歴聴取から始まります。医師または歯科医師は、症状、発症、誘因について尋ねます。顎関節症の原因となりうる顎の怪我、歯科治療、慢性疾患についても尋ねられることがあります。

3.2. 身体検査

病歴を確認した後、顎の検査を行います。顎の関節や周囲の筋肉に圧痛や不快感がないか触診します。また、咬み合わせ、表情筋の機能、顎の可動域、クリック音や破裂音などもチェックします。

3.3. 医師は身体検査に基づいて画像検査を勧めることがあります。

これらの検査は顎の構造を調べ、異常を特定することができます。可能な画像検査

歯科X線検査は、顎関節症の原因となる歯の問題を明らかにすることができます。
CTスキャン。このスキャンは顎関節の骨を詳細に観察し、異常や損傷を発見することができます。
MRIは顎関節円板と筋肉を詳細に映し出すことができます。炎症や構造的な問題を検出することができます。
関節鏡検査が行われることもあります。細い管を顎の関節に挿入し、医師が関節を観察します。この方法は通常、診断の結果、結論が出なかった場合に行われます。

4. 顎関節痛の治療法は?

顎関節痛の治療は、重症度と原因によって異なります。顎関節の痛みはひどい場合もありますが、通常は命にかかわるものではなく、非侵襲的に治療することができます。

4.1. 医師は通常、家庭療法と生活習慣の改善から始めます。

柔らかいものを食べる、大きなあくびをする、大きな声で歌う、ガムを噛むなどの極端な顎の動きを避ける、ストレス解消法を学ぶ、優しく顎を伸ばしたりリラックスさせるエクササイズをする、ヒートパックを使う、市販の鎮痛剤を飲むなどです。

4.2. 理学療法。

超音波、湿熱、氷を使用し、顎の筋力強化や柔軟性のエクササイズを行う。

4.3. 薬物療法。

激しい痛みに対しては、より強力な鎮痛剤、筋弛緩剤、抗炎症剤を処方することもある。顎関節症の患者さんには、ストレスや不安に対処するために抗うつ薬や抗不安薬が有効な場合があります。

4.4. 顎関節症には、

歯科医によるバイトガードやスタビライゼーションスプリントが用いられる。

歯ぎしりや食いしばりを軽減し、顎の位置を整える。

4.5. 手術。

他の治療法が奏功しない重症の場合、医師は手術を勧めることがあります。関節穿刺、注射、顎関節鏡、まれに開関節手術が行われることもあります。

4.6. 包括的な顎関節症の治療計画には、

鍼治療、バイオフィードバック、リラクゼーション法、その他の代替医療や補完医療が含まれることがあります。

患者さんは一人ひとり違うので、患者さんのニーズによって最適な治療法が異なることを忘れないでください。痛みと共存することは自由です。適切な治療を受ければ、痛みのない普通の生活を送ることができます。

5. 顎関節痛の合併症とは?

顎関節は顎の骨と頭蓋骨を蝶番のようにつないでいます。顎関節痛(顎関節症)とは、この関節と顎の筋肉に起こる不快感のことです。顎の怪我、関節炎、歯ぎしり、ストレス、遺伝などが原因で起こります。しかし、顎関節痛を治療せずにいると、他の健康状態と同様に合併症を引き起こす可能性があります。顎関節痛の合併症について見ていきましょう。

5.1. 慢性的な痛みは、

未治療の顎関節痛の最も明らかな影響のひとつです。痛みは顎、顔、首、肩、背中へと広がります。慢性的な痛みは、食事、会話、睡眠を困難にします。生産性や生活の質を低下させることもある。

5.2. 顎の固定。

慢性的な顎関節の痛みは顎を固定します。顎関節症は口の開閉を困難にします。顎関節症は、食事、会話、口腔衛生を著しく損なう可能性があります。

5.3. 顎関節は外耳道に近いため、

顎関節症は聴覚障害を引き起こすことがあります。耳鳴り、耳痛、難聴が生じることがあります。

5.4. 歯の問題。顎関節の痛みは、

ブラキシズム(歯ぎしり)を引き起こすことがあります。歯ぎしりは、歯の摩耗、破損、知覚過敏、長期にわたる歯の喪失の原因となります。

5.5. 顎関節症は慢性的な痛みを引き起こし、入眠や睡眠を困難にします。

睡眠不足は、疲労、イライラ、抑うつ、不安、免疫力の低下につながる。

5.6. 重症の場合、

顎関節症は食べることが苦痛になり、栄養失調を引き起こすことがある。十分な栄養がとれないと、免疫力が低下し、傷の治りが遅くなり、感染症のリスクが高まります。

5.7. メンタルヘルス。

慢性的な痛みや顎関節の合併症は、精神的な健康にも影響を及ぼします。不安、うつ、自尊心の低下、社会的問題を引き起こす可能性があります。

6. 顎関節の痛みを避けることはできますか?

顎関節痛(TMJ)障害は、顎の痛み、頭痛、咀嚼困難、顎のロックを引き起こします。顎関節は、顎の骨と頭蓋骨をつなぐスライド式の蝶番です。顎関節症の原因は不明なことが多いです。遺伝、関節炎、顎の怪我が原因かもしれません。

多くの顎関節症患者がそうであるように、痛みを和らげ、予防したいと思うかもしれません。実践的な顎関節痛の予防法

6.1. 顎の使い過ぎを避ける

顎の使いすぎは顎関節症の痛みの原因になります。大声を出したり、歌ったり、あくびをしたりするのは避けましょう。顎をあまり動かす必要のある噛みごたえのある硬い食べ物はなるべく避けましょう。

6.2. 姿勢の問題

姿勢が悪いと顎関節の痛みの原因になります。デスクワークや電子機器を使うときは、良い姿勢を保ちましょう。背中、肩、頭がまっすぐで、前に出過ぎないようにしましょう。

6.3. 顎に温熱パックやコールドパックを貼る

筋肉をリラックスさせ、痛みを軽減することができる。コールドパックは、しびれや腫れを抑えることで炎症を和らげます。

6.4. ストレスの管理

ストレスは顎の筋肉を緊張させ、顎関節症の痛みを引き起こすことがあります。ストレスを軽減するために、瞑想、ヨガ、深呼吸などを実践しましょう。

6.5. OTC鎮痛剤の使用

イブプロフェンなどの非処方鎮痛剤は、顎関節の痛みを一時的に和らげることができます。

6.6. 定期的な運動

ストレスを軽減し、気分を改善し、顎の筋肉を含む筋肉の緊張を維持します。

6.7. ナイトガードの着用

歯ぎしりや食いしばりによる顎の痛みを軽減することができます。歯ぎしりや食いしばりによる顎の痛みを軽減することができます。

6.8. 理学療法エクササイズ

顎の筋肉を鍛え、柔軟性を高め、顎のアライメントを改善します。

6.9. 代替療法

鍼治療、バイオフィードバック、マッサージのように、顎関節症の痛みを和らげることができる。

6.10. 定期的な歯科検診

定期的な歯科検診は、顎関節症の早期発見につながります。ブラキシズムや歯並びの乱れは、顎関節の痛みを引き起こす前に歯科医が発見し、治療することができます。

顎関節症の治療を始める前に、医師に相談することを忘れないでください。医師はあなたの状態を評価し、最適な治療法を提案してくれます。

顎関節の痛みは衰弱させますが、予防や治療の方法はたくさんあります。生活習慣の改善や自宅でのケアから専門的な治療まで、不快感を軽減し、生活の質を向上させることができます。

さくら歯科クリニックへのご予約

Calendar is loading...
Powered by Booking Calendar

月曜日~土曜日
日曜日

8時~12時、14時~20時
8時~12時

  • 2022年5月10日にホーチミン市計画投資局より発行された事業登録証明書番号0309935880

  • 2012年7月20日、ホーチミン市保健局発行の診察・治療実施証明書番号001272/HCM-CCHN

  • 2014年3月18日、ホーチミン市保健局発行の診察・治療業務許可証番号01839/SYT-GPHD

免責事項

ベトナム語バージョンはメインバージョンであり、参考価値があります。私たちは他のバージョン(英語、日本語など)を可能な限り良くしようと努力してきました。このような努力にもかかわらず、特に外国語に関しては誤りが残っています。読者の皆様におかれましては、お問い合わせフォームまたは info@sakuradental.vn。
皆様の貴重なご協力に感謝いたします。