月曜~土曜:8時~12時、14時~20時
日曜:8時~12時

ベトナム、ホーチミン市7区フーミーフン、レ・ヴァン・ティエム69番地
電話: 0917.483.796 - 0979.110.971

コンテンツの編集

About Us

We must explain to you how all seds this mistakens idea off denouncing pleasures and praising pain was born and I will give you a completed accounts off the system and expound.

Contact Info

抜歯:その他の詳細

抜歯:その他の詳細

抜歯:その他の詳細

抜歯の痛みを怖がるお客様も多くいらっしゃいます。 しかし、その恐れは多くの場合根拠がありません。

問題を理解すれば、もう恐れることはありません。

抜歯

1. 歯はどのように顎にくっついているのか?

歯は顎の骨にしっかりとくっついているわけではありません。歯と顎の骨の間にはごくわずかな隙間があります。この隙間を埋めているのが糸です。これはシャーペイ繊維と呼ばれ、歯と顎の骨をつないでいます。根の表面積によって繊維の数が決まります。

なぜ前歯は抜歯しやすいのですか?切歯は根が1本しかありません。臼歯のように顎の骨と強固に結合しているわけではなく、根は2~3本あります。そのため、臼歯の抜歯は切歯の抜歯よりも難しいのです。

2. 抜歯の理由

歯を保存できない、または保存する価値がない場合は抜歯しなければなりません。抜歯には明確な理由(絶対的適応)と、抜歯を勧めるが必要ない理由(相対的適応)がある。

例 歯がひどく緩んでいて、骨や歯肉に欠陥がある場合(絶対的適応症)、矯正治療のためのスペースが十分でない場合(相対的適応症)。

詳細な検査とレントゲン撮影の後、歯科医はどの歯を抜歯する必要があるかを判断します。

3. 抜歯のリスクと合併症

抜歯をする前に、合併症やリスクについて知っておく必要があります。担当の歯科医師が説明します。

3.1. 抜歯に伴う特定および一般的なリスクと合併症

一般的なリスク

  • 疼痛
  • うっ血
  • 血管損傷、出血
  • 腫れ
  • 炎症
  • 特別なリスク
  • 上顎洞開放
  • 下顎神経の損傷
  • 隣接歯の損傷

3.2. 抜歯の合併症

他の外科手術と同様に、抜歯は合併症を引き起こす可能性があります。考えられる合併症には、歯根破折があります。歯根が破折している場合、後で抜歯できるように歯根を少し露出させる必要があります。

こわばり。この場合、歯が骨の中に入り込んでいるため、抜歯が難しくなります。歯科医は歯根の周りの顎の骨を取り除かなければならないかもしれません。

歯根が異常に形成されているため抜歯が難しく、特に臼歯は歯根が非常に曲がっていることがあります。歯科医は、臼歯の根の部分を切り離して、抜歯する歯とは別に治療しなければなりません。

脱臼。抜歯に時間がかかると、顎関節脱臼を起こすことがあります。

4. 抜歯の方法は?

ステップ1:麻酔

抜歯は通常、局所麻酔で行われます。これには伝導麻酔(神経全体を麻痺させる)、浸透麻酔、靭帯内麻酔(患歯の歯根膜部分を麻痺させる)などがあります。これらの方法を併用することもあります。

ステップ2:歯を緩める

麻酔後、抜歯する歯の周りの組織を麻痺させ、痛みを恐れなくします。歯茎を歯から離します。その後、「てこ」を使って歯を緩めます。歯が十分に緩んだら、歯科用プライヤーで少しずつ引き抜き、口から簡単に取り出せるくらいまで緩ませます。抜歯後すぐに、歯が完全かどうかをチェックします。歯が完全であれば手術は成功です。

ステップ3:傷口の洗浄

あとは傷口をきれいにするだけです。歯科医はソケットを検査し、炎症を起こしている組織を取り除きます。

5. 抜歯後は何をしなければなりませんか?

抜歯後、いくつかの簡単なことを守る必要があります。傷を早く治すためのルールです:

  • 禁煙
  • コーヒー、紅茶、アルコールを飲まない。
  • 傷口を指で触らない
  • 洗わない
  • スポーツをしない。
  • 痛みの原因となる食べ物は避け、慎重に食べる。

6. 合併症発生時の対応

抜歯後に腫れや痛みなどの合併症が起こることがあります。これらは通常、無害な合併症です。処方された鎮痛剤で痛みを和らげることができない場合は、歯科医の診察を受けてください。痛みや腫れは冷やすことでも緩和できます。

痛みの持続時間は、傷の大きさ、痛みに対する個人の感受性、治癒過程によって異なります。一般的に、痛みは通常2~3日で治まります。創傷治癒が不十分な場合や創傷面が大きい場合は、痛みが1週間以上続くこともある。

7. 抜歯後の傷はどのくらいで治りますか?

軽傷の場合、歯肉は1週間程度で治癒します。大きな傷の場合は2~3週間かかります。歯肉の下の骨の治癒には3~4ヶ月かかります。

抜歯

8. さくら歯科では、抜歯をできるだけ安全で簡単に(痛くないように)行うために、どのような工夫をしていますか?

多くのお客様は、抜歯は痛くて不快な経験になるのではないかと不安に思っています。しかし、さくらでは抜歯をできるだけ安全に、簡単に、痛くないようにするためのシステムを開発しました。

ここでは、さくら歯科医院がどのように抜歯のプロセスを組み立て、患者様に安全で快適で楽な治療を受けていただけるかを詳しくご紹介します:

8.1. 事前評価

抜歯を行う前に、当院の歯科医師は患者様の歯と病歴の予備評価を行います。これは、処置中の潜在的なリスクや合併症を特定するのに役立ちます。また、損傷や虫歯の程度を判断するために、患部の歯を徹底的に検査します。

8.2. 局所麻酔

当院の歯科医師は、患者さんが処置中に痛みを感じないように、患部の歯の周囲を麻痺させる局所麻酔を行います。これにより、抜歯中の不快感や痛みを防ぐことができます。

8.3. 抜歯の手順

患者様の感覚がなくなったら、抜歯の処置を行います。私たちは専門的なツールとテクニックを用いて、優しく効率的に歯を抜きます。また、周囲の組織への外傷や損傷を最小限に抑えます。

8.4. 抜歯後のケア

抜歯後、当院の歯科医師は患者様に抜歯部位のケアについて詳しい説明を行います。これには、痛みや不快感の管理、感染の予防、治癒の促進に関するアドバイスが含まれます。

8.5. フォローアップ

さくら歯科では、患者様の回復を観察し、合併症がないことを確認するために、フォローアップの予約を取ります。また、必要に応じて抗生物質や鎮痛剤などの追加治療を行います。

結論として、抜歯は大変な経験かもしれませんが、さくら歯科では抜歯をできるだけ安全で簡単に行えるようなシステムを開発しました。当院では、抜歯時の痛みや不快感を最小限に抑えるため、高度な技術と器具を使用しています。抜歯が必要な場合は、当院にご連絡ください。

さくら歯科クリニックへのご予約

Calendar is loading...
Powered by Booking Calendar

月曜日~土曜日
日曜日

8時~12時、14時~20時
8時~12時

  • 2022年5月10日にホーチミン市計画投資局より発行された事業登録証明書番号0309935880

  • 2012年7月20日、ホーチミン市保健局発行の診察・治療実施証明書番号001272/HCM-CCHN

  • 2014年3月18日、ホーチミン市保健局発行の診察・治療業務許可証番号01839/SYT-GPHD

免責事項

ベトナム語バージョンはメインバージョンであり、参考価値があります。私たちは他のバージョン(英語、日本語など)を可能な限り良くしようと努力してきました。このような努力にもかかわらず、特に外国語に関しては誤りが残っています。読者の皆様におかれましては、お問い合わせフォームまたは info@sakuradental.vn。
皆様の貴重なご協力に感謝いたします。